FC2ブログ

12月16日:来週はクリスマスの礼拝です。

1216-91.jpg


「23日の日曜日はクリスマスの礼拝です」


街にはジングルベルの音楽がにぎやかだろうな、って想像しています。

だって田舎町では派手なイルミネーションもあまり見かけることがないんです。

静かに年の暮れはすぎ、クリスマス商戦もあまり大型のイベントのうわさも聞くこともありません。

ですから老人は、家の中でじっとクリスマスの日を待ち望みます。

今年は、曜日の関係で、日本の教会では、ほとんどが12月23日(日)にクリスマス礼拝のようです。

ですから12月2日の日曜日からイエス様をお迎えする待降節と呼ばれる週間に入りました。

我が家でもささやかな、イエスキリストのご降誕をお祝いする準備をしてイエス様をお迎えする準備ができました。

1216-97.jpg
小さな十字架、

1216-95.jpg
博士たちを幼子イエス様のもとに導いた星

1216-93.jpg
聖夜を描いた小さなカップ

1216-92.jpg
アドベントカレンダー

1216-96.jpg
ツリーに飾る馬小屋の聖家族の紙の模型、

等です。

貧しさの象徴である馬小屋にお生まれになったイエス様です。

こんな小さな、ささやかな飾りですがお喜びいただけるのではないかと心を込めました。

そして、イエス様が我が家も目指していただけるように大切な人が地さな布製の「クリスマスリース」も飾りました
1216-94.jpg



こうして、クリスマスをお待ちしています。

さあ、心の中で老人がジングルベルを歌います。

どうぞ、お聞きください。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kmomota

Author:kmomota
「暮らし歳時記と、エッセイなど、心に浮かぶことを書いています」



我々は何処から来たのか、われわれは何者か、我々は何処に行くのか。

もうじき去るのかな?知りたいな?人間てなになのかな?



















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR