FC2ブログ

11月20日:小春日和には、ひつじ雲がよく似合います

1120-84.jpg

「あああっ、これって『ひつじ雲』なんでしょう?」



穏やかな小春日和です。

空はあくまでも高く、雲はゆったりと流れてゆきます。

こんな晩秋から初冬にかけて、暖かな日射しがふりそそぐ気候を「小春日和」と表現すると教わりましたが、小春という言葉の精でしょうか。なんとなく心もウキウキとしてくるから不思議です。

こんな時は、空を見上げます。

わああっ~ひつじ雲が流れてゆきます。

ねえっ、この雲の形、ひつじ雲ってゆうんでしょう。


1120-85.jpg

小さな庭に出て、のんびりと日向ぼっこです。

ひつじ雲が、青い抜けるような空に、ポッカリと浮かんで、・・・

カタチを様々に変えながらゆっくり、ゆっくり流れてゆきます。

そうですよね・・・

羊たちの群れが広い草原をのんびりと移動しているようにも見えます。

素敵ですね。

1120-87.jpg



すると・・・あの歌が・・・山口百恵さんの声が聞こえるんです。

♪ こんなおだやかな小春日和の日は もう~すこし~あなたの~子供で~いさせてください ~ ♪



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kmomota

Author:kmomota
「暮らし歳時記と、エッセイなど、心に浮かぶことを書いています」



我々は何処から来たのか、われわれは何者か、我々は何処に行くのか。

もうじき去るのかな?知りたいな?人間てなになのかな?



















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR