FC2ブログ

11月17日:小さな庭の小さな花と虫(その8)

1117-83.jpg

「ええっ、かわら撫子ってこの季節でも咲くの」


小さな庭の片隅に、ひっそりと花をつけたものがあります。

かわら撫子です。

まったく気が付かずにいましたが、大切な人が教えてくれたのです

ピンクの美しいドレスを着ています。

花はきらびやかでありながら複雑な切込みがはいった5弁です。

たった2輪だけが咲いてくれたのです。


1117-84.jpg



自然て、なんて不思議で美しいのでしょう。

おもえば、現役時代は花を見る余裕もありませんでした。

仕事、仕事、仕事・・・仕事漬けの日々でした。

かわら撫子も名前は知っていましたが、愛でることはしませんでした。

つまらない時間が流れていたものです。

でもいいでしょう。

この年になって、自然のすばらしさに気が付いたのですから。

そんなことに目覚めただけ、アホな爺さんも少しは人間らしさが出てきたのかもね。

それでは、今日はこの辺で。









スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kmomota

Author:kmomota
「暮らし歳時記と、エッセイなど、心に浮かぶことを書いています」



我々は何処から来たのか、われわれは何者か、我々は何処に行くのか。

もうじき去るのかな?知りたいな?人間てなになのかな?



















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR