FC2ブログ

11月12日:小さな庭の小さな花と虫(その5)

1112-83.jpg

「ツワブキ(石蕗)の花」



小さな庭の柿の木の下に、モサモサと生えているいくつかの植物。

その一つが、ツワブキ(石蕗)です。

多年草で丈夫で緑鮮やかな葉っぱが特徴です。

いかにも厚手で、ゴワゴワしていて、石のような硬いイメージがあります。

蕗ですから、葉も茎も食用になるということですが私は食べたことがありません。

このツワブキが11月ごろになると、黄色の花をつけます。

鮮やかな、比較的大きな花です。

1112-84.jpg


この花を見ると、「ああ、もう冬が来たんだ」って思います。

私は初めて知ったのですが、島根県津和野の地名は、ツワブキ(石蕗)に関係があるという説があるそうです。

すなわち、津和野とは「石蕗の野(ツワの多く生えるところ)」に由来するということなんです。

素敵な由来ですよね。

ああっ、それとツワブキ(石蕗)のこんな俳句を見つけました。

『石蕗 ( つわ ) の葉の霜に 尿 ( しと ) する小僧かな: 子規』

11月の霜の降りたツワブキ(石蕗)の情景がユーモラスですね。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kmomota

Author:kmomota
「暮らし歳時記と、エッセイなど、心に浮かぶことを書いています」



我々は何処から来たのか、われわれは何者か、我々は何処に行くのか。

もうじき去るのかな?知りたいな?人間てなになのかな?



















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR