FC2ブログ

11月4日:小さな庭の小さな花と虫(その1)

1104-83.jpg

「名前はなんていうの?」


小さな庭に、小さな花が咲いてくれます。

何処か知らないところから種が運ばれて、ひっそりと花をつけるものもあります。

この赤い花もそのうちのひとつです。

かなり以前から、主張もせず、音も立てず、ただ密やかに花をつけているのです。


1104-84.jpg


朝晩は、寒さが大分身に染みる季節になりました。

そんな中で、花はいつもひとりぼっちです。

「可愛いねえ~」、そう声をかけてやります。

花もきっと話をしたいのだろうな~って思うんです。

だって、時々、風に揺れている時があるからです。

身体を震わせ、花を揺らせて、まるで何かを語ろうとしているみたいなのです。

だから・・・だから・・・私も・・・

「今朝も寒いね」って話しかけるのです。

すると、風が吹けば「夜は寒かったよ」って、応えてくれるのです。

まるで、人間みたいにね。

小さな庭にも、小さなこんなお話があるんですよ。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kmomota

Author:kmomota
「暮らし歳時記と、エッセイなど、心に浮かぶことを書いています」



我々は何処から来たのか、われわれは何者か、我々は何処に行くのか。

もうじき去るのかな?知りたいな?人間てなになのかな?



















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR