FC2ブログ

10月19日:チャップリンの名言

1020-84.jpg


「1+1=2では説明できないのが人間」



チャップリンの映画はご存じの通り無声です。

ですから、台詞は外面にある字幕を目で追うことになります。

チャップリン映画の素晴らしさは、音で表現できない感情を、顔や仕草で表現していることにあるのでは・・・なんて思うんです。

すなわち、映像における感情表現にあるのだろうなあ、と思うんです。

チャップリンはこんなふうに言うんです。


「思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。:チャップリン」


1020-83.jpg


人間は合理的に判断する知性を有しています。

しかし、この数式のような合理性だけでは、人間とは言えないんだ、とチャップリンは言っているように思えるのです。

別の言い方をすれば、「人間は感情の動物である」とでも言ってよいのでしょうか。

もっとも、私のように、のべつ幕無しに勘定むき出しでも困りものですが・・・・



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kmomota

Author:kmomota
「暮らし歳時記と、エッセイなど、心に浮かぶことを書いています」



我々は何処から来たのか、われわれは何者か、我々は何処に行くのか。

もうじき去るのかな?知りたいな?人間てなになのかな?



















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR